納骨について

- noukotsu -

浦戸浄苑 納骨堂

桂浜に続く山のふもとに、外壁が石張りの建物 納骨堂「浦戸浄苑」(山本長水氏設計) があります。 鉄筋コンクリート構造で、堂内は広くゆったりした吹き抜けになっており、階段状に納骨 壇があります。 高知市浦戸で500年続く浄土真宗の寺院が責任をもって、永代にわたりお預かりいたしま す。 また、受法寺では彼岸会・盆会・永代経法要・報恩講などの法座を開き、亡くなられた人 を偲び、仏のこころをいただく集いなどに、ご案内いたします。

納骨概要

納骨の方法は「家別納骨」「個別納骨」「共同納骨」と、3通りあります。
宗教・宗派の制限はありません。永代にわたりお預かりいたします。

家別納骨

お墓と同様に、各家の複数のご先祖様のお骨を安置できます。

納骨堂使用懇志
30万円より50万円まで(区画により違います)
年間護持費護持費4000円

個別納骨

1区画の中に、全骨1体の納骨を安置できます。

納骨堂使用懇志
1区画に全骨1体の納骨
年間護持費護持費4000円

共同納骨

お墓と同様に、各家の複数のご先祖様のお骨を安置できます。

納骨堂使用懇志
10万円
年間護持費護持費 無料

前の宗教・宗旨は、問いません。
どなたでも納骨できます。

お経や儀式の形態は浄土真宗本願寺派の作法で行われますので、
浄土真宗本願寺派の教えを尊重いただく方を対象としています。
将来、祭祀継承者がいなくなり無縁になりそうな方も、ご相談下さい。
詳細は、受法寺までお問い合わせください。